リニューアル!【送料&代引無料】電子タバコ(禁煙グッズ) 東京スモーカー(TOKYOスモーカー)...

 

タバコを吸っている人の70%は禁煙をしたいと思っているにもかかわらず、出来ないと悩んでいるのです。
何度も禁煙にチャレンジしても、1年以内にまた吸ってしまったという人は50%~70%と多く、失敗に終わっている人がいます。
タバコを吸わない人から見れば、身体に悪いのも理解し、本当はタバコを止めたいのに何故禁煙が出来ないのだろうかと不思議に思うでしょう。
意志が弱いから禁煙が出来ないんだと決めつけてしまうのは間違いで、「ニコチン依存症」という名の病気だと言うことを認識する事が大切です。
自分はニコチン依存症なんかではなく、禁煙しようと思えば出来ると認めない人も居ますが、毎日吸うタバコなので、薬物依存に加え心理的依存もあるのです。
禁煙をし、24時間以内に不快または抑うつ的な気分を感じたり、集中した作業が出来ない、落ち着きが無くなる、不安を感じるなどの症状が出たら、ニコチン依存症と言えます。禁煙したことによって感情のコントロールが上手く行かない、眠れないなどの症状もニコチン依存症だと思った方が良いでしょう。
タバコは薬物とは違うため、ニコチン依存症だと認めたくないというのも分かりますが、本当に喫煙を望むならば、自分が依存症かを調べることが大事な1歩となっています。



このサイトを購読する